2016-005JP

シンプレクス株式会社の株式譲渡契約の締結について

2016年10月7日

報道関係各位

カーライル・グループ

 

 

シンプレクス株式会社の株式譲渡契約の締結について

 

グローバルに展開するオルタナティブ投資会社であるカーライル・グループ(日本代表:山田和広、本社:米国ワシントンD.C.、以下「カーライル」)の投資ファンドであるCJP SPX Holdings, L.P.(以下「CJPファンド」)は、特別目的会社である株式会社SKホールディングス(以下「SKホールディングス」)との間で、CJPファンドが保有するシンプレクス株式会社(以下「シンプレクス」)の株式全部を譲渡することに合意いたしました。これは、2013年より実施しているカーライルによる投資支援により、シンプレクスの十分な成長基盤を築けたとの判断によるものです。また、シンプレクスは本日開催の取締役会において、株主総会による承認決議等の所定の手続きを経た上で、シンプレクスとSKホールディングスが合併を行うことを決定し、本日付で合併契約を締結いたしました。なお、合併後は、存続会社はシンプレクス株式会社となる予定です。

詳細はこちら