2020-005JP

カーライル・グループ及びT&Dホールディングスによる AIG社の再保険子会社フォーティテュード社のマジョリティ持分の取得完了

 2020年6月3日

報道関係各位

カーライル・グループ

カーライル・グループ及びT&Dホールディングスによる

AIG社の再保険子会社フォーティテュード社のマジョリティ持分の取得完了

 

フォーティテュード社は、株主との長期的関係及び強固な資本基盤を背景として、「ランオフ化」した既契約保険のソリューションを提供する独立した企業としてスタートします。

 

2020年6月2日(ニューヨーク)・6月3日(東京):カーライル・グループ(ナスダック取引所銘柄:CG、以下「カーライル」)、及びT&Dホールディングス(東京証券取引所銘柄:8795、以下「T&D」)は本日、アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(ニューヨーク証券取引所銘柄:AIG、以下「AIG社」)から再保険会社であるFortitude Reを傘下に持つFortitude Group Holdings, LLC (以下「フォーティテュード社」)の76.6%の持分の取得を完了したことを発表しました。本件は2019年11月に案件合意について公表しており、本取引完了にあたり必要な当局承認の取得及び取引完了要件を充足しております。本取引完了により、AIG社は売却金額として約22億ドル(フォーティテュード社の持分売却額18億ドル及び譲渡契約に基づく追加支払額)を受け取りました。

詳細はこちら