概観

カーライルのアジア・リアルエステートチームは、中国・日本国内の主要都市におけるバリューアップ、リノベーション、コンバージョン、再開発、開発プロジェクトなど、投資先不動産の価値向上を重視した投資をターゲットにしています。

カーライル アジア・リアルエステート・パートナーズ

2005年に4.1億ドルを調達し、1号ファンド設立。中国と日本を中心に、アジアにおいて投資先不動産の価値向上を重視したプロジェクトをターゲットにしています。

投資先 業種 投資年月 現在の状況
Kaisa Group Holdings Ltd.

Kaisa Group Holdings Ltd. is a property developer mainly focusing on the residential sector in Shenzhen and the Pearl River Delta Area (PRD). The company’s strategy is to build its leading market position in Shenzhen and other PRD cities, while simultaneously seeking opportunistic expansions in the Yangtze River Delta and Pan-Bohai regions, as well as other select provincial capital cities in China.

リアル・エステート 譲渡又は上場済み
カーライル アジア・リアルエステート・パートナーズII

2008年に4億8600万ドルを調達し、2号ファンド設立。中国と日本を中心に、アジアにおいて投資先不動産の価値向上を重視したプロジェクトをターゲットにしています。

投資先 業種 投資年月 現在の状況
Kaisa Group Holdings Ltd.

Kaisa Group Holdings Ltd. is a property developer mainly focusing on the residential sector in Shenzhen and the Pearl River Delta Area (PRD). The company’s strategy is to build its leading market position in Shenzhen and other PRD cities, while simultaneously seeking opportunistic expansions in the Yangtze River Delta and Pan-Bohai regions, as well as other select provincial capital cities in China.

リアル・エステート 譲渡又は上場済み

カーライルのアジア・リアルエステートチームは、以下4つの大原則に基づいた投資アプローチを実行します。

  • マーケット重視のアプローチ: ローカルマーケットの特殊性を熟知し、グローバルな金融知識をもつ現地採用の投資チームが投資戦略を遂行します。マーケットの特性を勘案し、中国と日本を中心に価値向上ができる不動産投資を目指します。
  • 積極的な投資機会の発掘: オポチュニティ投資を重視し、売主との直接交渉や排他的取引など、投資機会の発掘を積極的に推進します。複雑な取引でも、迅速かつ確実に実行します。
  • 能動的なマネジメント: 投資プロフェッショナルは、ローカルパートナーとの共同投資や共同運営など、投資先不動産の価値向上につながる戦略を積極的に推進します。各資産の収益とポジションを最適化するために、戦略を明確化した事業計画を策定し、時宜を得たエグジットに備えます。
  • カーライルのプラットフォーム: カーライルのグローバル基盤のメリットを相乗的かつ最大限発揮できるよう、他の自社ファンド(特にアジアのカーライル・ファンド)と緊密に協働します。このような、社内の各専門チーム間の連携と協力が、カーライルの高い競争力を生み出します。